備前焼の登り窯

年に1度しか焼かない備前焼、その登り窯を見学。
窯で焼き占める工程によって、1つ1つ形状や色を変えていく備前焼は、同じニューポットが様々な樽で熟成することで、違う香りや味わいに変化するのと同様に、輿水はどこかウイスキー製造の工程に共通点があるように感じた。

撮影場所

備前焼作家
伊勢崎 競の工房(岡山)

SUPPORT MENU