地域づくりをテーマにバレエとウイスキーの関係にせまる

撮影場所

Bar Perch(萌木の村)

地域づくりをテーマにバレエとウイスキーの関係にせまる

Episode 1
地域づくりに重要な「風」が呼んだ「人」

地域づくりのオーナー、バレエダンサーであり監督、ウイスキーブレンダー。異色の3人が初めて一緒に集い、地域、バレエ、ウイスキーについて語りあう。萌木の村の舩木上次は、なぜフィールドバレエ25thというウイスキーをつくろうと思ったのか?清里フィールドバレエの成り立ち、コンセプトなどをどう受け止め、輿水精一はウイスキーづくりのイメージをしたのか?

Episode 2
地域づくりとバレエとウイスキーの共通点

たった1つのウイスキーつくりに対して、3人の思想や哲学が交差する。フィールドバレエ25thというウイスキーは、どんな味わいなのであろうか?このウイスキーに込められた深い意図・意味を知ることにより、このウイスキーを嗜む時の味と香りはまた変化するに違いない。ウイスキーはテロワールであり、人の想いが詰まった酒であることを改めて認識させられる3人の言葉は大切な何かを気づかせてくれる。

Episode 1
Bar Perch バーテンダーと輿水精一①

輿水精一にとって思い出深く、心休まるバーがこの「Bar Perch」。
Bar Perchを舩木上次と一緒に立ち上げたバーテンダー久保田 勇と共に、このバーの魅力と輿水精一の思い出に触れてみる。

Episode 2
Bar Perch バーテンダーと輿水精一②

萌木の村のクラシックホテル「ハットウォールデン」内にある「Bar Perch」とはどんなバーなのであろうか?
ブレンダー輿水精一にとってバーとは?バーテンダーとは?
フィールドバレーウイスキーシリーズをリリースし続ける萌木の村のBar Perchバーテンダー久保田 勇の思うジャパニーズウイスキーとは?

SUPPORT MENU